トップページ >おすすめ商品:ハイブリッド型 弾性チューブ包帯 Kチューブ

おすすめ商品 ハイブリッド型 弾性チューブ包帯 Kチューブ

「こんな製品が欲しかった!」そんな声に応えて…
弾性チューブ包帯 Kチューブ


特徴

◆抗菌繊維使用

○特殊な抗菌糸使用により、黄色ブドウ球菌・MRSA・緑腸菌・
大腸菌肺炎桿菌等への抗菌効果あり

○静菌活性より抗菌効果の高い「殺菌活性」効果あり

○通常の無加工包帯は菌数が増加し、Kチューブは減少します。
菌数の差には100万倍の開きがあります。
(各細菌を付着させてから18時間後時点 下記グラフ参照)



 ※抗菌効果は、洗濯50回で約3%しか落ちません

◆ラテックスフリー

○ラテックスの5〜8倍の強度の弾性糸を使用

○ラテックスより軽く、強く、耐久性あり

○むれにくい


◆吸湿速乾繊維使用

○繊維に多数の溝と穴があり、水分の吸水・拡散・放出が可能

※洗濯3回後・編地状にしてシャーレに・浸漬10分した場合の
吸水データ
バイレック法 JISL-1018




◆防臭加工付き
◆肌ざわりがとてもソフト
◆両端ほつれ防止加工
(カットして使用の場合を除きます。)
◆1m単位での販売


サイズ表

  幅×長さ 適用周径目安
2号(D) 7.5cm×1m 15〜32p
3号(E) 8.75cm×1m 17.5〜37p
4号(F) 10cm×1m 20〜42p
5号(G) 12cm×1m 24〜51p
6号(H) 15cm×1m 30〜64p


用途

◎スキンテアの予防に

◎リンパ浮腫の患者様に

◎弾性着衣の装着が困難な方に

◎就寝時等の軽圧迫に

◎静脈疾患予防に

◎下腿潰瘍の圧迫治療の補助に

◎皮膚同士の接触によるスキントラブル予防に

◎ガーゼ等の固定に

◎外部刺激からのお肌の保護に

◎リンパ漏のケアに

◎アトピーの皮膚保護に



使用手順の一例
<脚の場合>
@長い場合は必要な長さにカットします。

A生地にシワができないように引き上げ、
装着してください。

<腕の場合>折り返して二重に使用するパターン
@長い場合は必要な長さにカットします。
A生地の半分を腕に通します。

B残り半分を折り返しながら上に
引き上げます。

C親指を出す部分に切り込みを
入れてください。

D親指を通します。
生地にシワがないかを確認してください。




弾性チューブ包帯 Kチューブ
弾性チューブ包帯 Kチューブ
規格 2号(D) 幅7.5cm×長さ1m
3号(E) 幅8.75cm×長さ1m
4号(F) 幅10cm×長さ1m
5号(G) 幅12cm×長さ1m
6号(H) 幅15cm×長さ1m

使用に関する注意事項


上記使用手順は一例になりますので、その他装着方法につきましては
医療者の方にご相談ください。
装着部に傷・痛み等がある場合は医師等にご相談の上、ご利用下さい。

取扱方法

■漂白剤および乾燥機の使用は避けて下さい。

■手洗い・陰干しを推奨しております。