• いろいろ検索
  • お悩み別商品セレクト
  • 商品レビュー ポイントプレゼント
  • ハッピーハートお散歩コラム
  • ペイペイ使えます
  • メーカーから探す
  • 商品なんでも相談室
  • セール商品
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
休業日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

  • twitter
  • instaguram
 

がんの治療を始められる方に

トップ > [コラム]すべてのコラムページ > がんの治療を始められる方に


これから抗がん剤や放射線での治療を始める方にとって、薬や放射線療法の副作用はとても心配なものです。

副作用にはいろいろな症状があり、現れ方にも個人差があると言われていますが、大切なことは副作用に対する正しい知識と理解を深め、副作用が現れたときに適切に対処していくことです。

副作用の症状には、発熱、咳・息切れ、悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、便秘、手足のしびれ(末梢神経障害)、皮膚障害、疲労、脱毛など自分でわかるものと、自覚症状が乏しく、検査を行うまで自分ではわからないものがあります。
また、治療後1〜2周間で発現する副作用もあれば、治療開始後1ヶ月以上経ってから現れる副作用もあります。

副作用の症状については医療従事者の方と相談しながら治療を進めていくことになりますが、セルフケアでできることも多くあります。 普段よりも敏感になっている体をいたわり、安心して治療を続けていけるよう体への負担を軽くしていきましょう。

 

 脱毛期のぼうし
 頭皮・頭髪ケア
 爪のトラブルには
 皮膚トラブルの予防
 口内炎やお口の乾燥

脱毛期のぼうし

医療用ぼうし

治療に伴う脱毛は、外見の変化を伴う影響の大きな副作用と言えます。
医療用ぼうしは、治療を経験された方の声を参考に、治療中でもふだん通りに過ごして頂きたいという思いで開発されています。種類も豊富で、お部屋にいる時や就寝時、外出用など生活シーンに合わせて使い分けることができます。肌触りや素材にもこだわって作られていますので、安心してお使い頂けます。

 
ヘアキャップ

就寝時や調理の際などに髪の毛が落ちるのを防ぐヘアキャップは、お掃除の手間を省いてくれます。
また、脱毛期は皮脂や汗を感じやすいと言われています。ガーゼキャップは帽子の下にかぶることで皮脂や汗を吸収し、頭皮のベタつきを抑えてくれます。
治療中の頭皮は敏感になっていますので、肌触りの良いものや汗を吸収しやすい素材を選び刺激から守ってあげましょう。

頭皮ケア

脱毛期の頭皮ケア

治療中の脱毛期は毛髪が少なくなるため、液体シャンプーを頭皮に直接つけると泡立ちにくかったり、泡立てる際の摩擦が頭皮にダメージを与えることにもつながります。
泡シャンプーはそのまま頭全体につけて洗えますので、頭皮へ摩擦を抑えやさしく洗うことができます。すすぎ残しによる毛穴のつまりも軽減され、かゆみの予防にもなります。

 
育毛期の頭皮ケア

抗がん剤治療後、髪の毛が5〜6cmになったらシャンプーを頭皮ケア用のものに切り替えていくことをおすすめします。
治療後は、頭皮が固くなることで毛穴の形が変化し発毛時の髪の毛が細くなったり、くせ毛が生えてきたりすることがあります。髪の毛を健やかに育むためにも、土台となる頭皮をしっかりとケアしていきましょう。

 

爪のトラブルには

爪の保護

抗がん剤治療の副作用では、爪の黒ずみや変形、爪にスジが出るなどの症状があります。
指先は人目にふれやすくお手入れしたいものですので、除光液不要の保護コートや爪専用の保護オイルがおすすめです。

爪がもろくなっている時は、爪切りではなく爪ヤスリを使うと爪に負担をかけずに整えることができます。
爪は治療が終了しても回復までには時間がかかりますので、爪の保護や保湿は回復するまで続けましょう。

 
ハンドケア

爪を作る甘皮部分を乾燥させないよう手全体の保湿も大切になります。 また、爪に亀裂が入ったり変形したりしているときは、気づかないうちに引っ掛けてしまうこともありますので、柔らかい綿の手袋や靴下で保護したり、爪が伸びすぎないように注意しましょう。

 

皮膚トラブルの予防

抗がん剤の投与により皮膚や爪の新陳代謝を行う細胞がダメージを受けた場合、皮膚の色素沈着や乾燥といった症状が起こります。乾燥した肌は、バリア機能が低下し外部からの刺激に対し弱い状態となり、肌荒れやかゆみにもつながっていきます。

皮膚障害を起こしやすい抗がん剤を使う場合には、早い段階からしっかりとしたスキンケアに取り組むことが大切です。皮膚のバリア機能を守るためには、清潔を保ち、皮膚への刺激を避け、保湿することが重要となります。

 
清潔を保つ

皮膚や爪が汚れていると、それ自体が皮膚への刺激になり症状が悪化しやすくなります。
爪や肌が汚れたら、刺激の少ない弱酸性・無香料の洗浄料でやさしく洗いましょう。泡の洗浄料はこすらずに汚れを落とすことができますので、お肌への負担が軽減されます。

 
刺激をさける

紫外線も皮膚には刺激となります。外出するときは日焼け止めクリームを塗り、帽子や日傘、長袖の上着を羽織ったりUV加工の手袋をしましょう。縫い目が直接肌に当たりにくい衣類など、着心地のよいものを選びましょう。

 
保湿する

皮膚が乾燥すると症状が悪化しますので、保湿クリームや保湿ローションなどはこまめに、たっぷり塗りましょう。
熱いお風呂に入ることは、かえって皮膚を乾燥させてしまいます。入浴はぬるま湯で長風呂にならないように気をつけましょう。手洗いや入浴後は、水分をおさえるように拭き(こすらない)、皮膚がしっとりしているうちにすぐに塗るようにします。

 

口内炎やお口の乾燥

免疫力の低下により口内炎ができやすくなったり、治療の影響で唾液腺が萎縮して唾液が出にくくなり口の中が乾燥することがあります。

唾液には口の中の汚れをきれいにする働きがありますので、水分補給やうがいをこまめに行い口の中を清潔にしておくことが大切です。
お口に潤いを補う口腔ケア用スプレーや、発泡剤を使わない低刺激性の歯みがき剤など、口腔ケア製品も数多くあります。

歯ブラシで刺激を感じる場合は口腔ケア用のスポンジを使ったり、口腔清拭シートを指に巻いてお口の中をきれいすることもおすすめです。

 
記事をさがす

ページトップへ

ご利用案内

Copyright (c) ハッピーハート メディカルサプライ all rights reserved.