トップページ >おすすめ商品:痛みの無い、非常に肌に優しいシリコン固定テープ メピタック

おすすめ商品 痛みの無い、非常に肌に優しいシリコン固定テープ メピタック

痛みの無い、非常に肌に優しいシリコン固定テープ


◎交換時の痛みや組織損傷を軽減します

◎皮膚の脆弱な患者様に適しています

◎体のどの部位にも密着します


セーフタック

Safetacテクノロジー

セーフタックはメンリッケヘルスケアが特許を取得している
粘着技術です。セーフタック粘着技術を使用したドレッシング材は、
ドレッシング交換時の患者様の痛みや創床及び創周囲皮膚の
組織損傷のリスクを軽減します。また、皮膚の凹凸部にも密着する
セーフタック粘着技術は、創緑をしっかりとシールするので、
創周囲の浸軟リスクも軽減します。

【従来の粘着剤】
ドレッシング交換時に、粘着剤接触部に強い力が
かかり、表皮剥離のリスクがあります。
(当社救急絆創膏との比較 自社データによる)
従来の粘着剤
【セーフタック】
ドレッシング交換時の
表皮剥離のリスクを軽減します。

セーフタック


皮膚にやさしいソフトシリコン固定テープ

メピタックは、皮膚にやさしく剥がす際の痛みが軽減できます。
皮膚の脆弱な患者様、継続してテープを使用する患者様に適した
固定テープです。(例:新生児、高齢者、透析患者様など)


特徴

◎テープ交換時の痛みや組織損傷を軽減します

◎体のどの部位にも密着します

◎通気性

◎防水性



適用

チューブ、IVカテーテル、被覆材などを固定するテープです。
チューブなど医療機器の下に貼付し、皮膚を保護することも可能です。


使用方法

○皮膚が清潔で乾燥していることを確認してください。
軟膏などを使用している場合は、洗浄してください。
はさみでテープを必要な長さに切ってください。

○剥離フィルムからテープを剥がしてください。

○メピタックは、伸ばさないように貼ってください。



使用例ガイド

●チューブでの使い方
チューブの上から貼付 【チューブの上から貼付する場合】

1.メピタックをチューブの上から貼付します。
貼付時に、チューブの下に圧迫が
かからないように注意してください。

2.メピタックをチューブに貼付し固定します。

チューブを皮膚から浮かせて貼付 【チューブを皮膚から浮かせて貼付する場合】
(チューブの下の圧迫を軽減します)

1.メピタックの長さの中間点でチューブを
一週させます。

2.メピタック同士をつまみ接着させた後で、
残りのメピタックを皮膚に貼付させます。

V形状でチューブを固定 【V形状でチューブを固定する場合】

1.メピタック接着面を上にし、メピタックの
中間部分にチューブを貼付します。

2.メピタックの両端をV字に折り返し交差させ、
皮膚に貼付します。


●その他の使い方
小児への使用 【小児への使用】
メピタックは、脆弱な皮膚の患者様、小児、
幼児に適しています。但し、温度や湿度の高い
環境、部位、発熱、多汗などは、粘着力を
弱める可能性がありますのでご注意ください。
ドレッシング材の固定 【ドレッシング材の固定】
メピタックを使用することにより、
ドレッシング材がよりしっかりと固定されます。
皮膚の保護 【皮膚の保護】
チューブなどの下に貼付し、
皮膚を保護することが可能です。


メピタック
メピタック
規格 【製品サイズ】
2cm×3m     在庫6箱あり
4cm×1.5m    在庫6箱あり
スタッフから一言 どんなテープを貼ってもかぶれてしまう!
という方には特にオススメです。
粘着面はシリコンでできているので、
一般のテープのような粘着剤の
アレルギーや、剥がすときに皮膚を
傷つけることがほとんどありません。
体毛がある部分に貼っても、
剥がすとき痛くありません☆
使用に関する注意事項
メピタックは湿度が高い環境(保育器、高熱の患者様など)において粘着力が弱まる可能性が
あります。動脈カテーテルの固定には使用をお控えください。