• セール商品
  • メーカーから探す
  • 商品なんでも相談室
  • 新規会員登録
2021年 03月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
休業日

  • twitter
  • instaguram
 

ストーマ装具の付け方

トップ > [コラム]すべてのコラムページ > ストーマ装具の付け方

ストーマ装具をしっかり貼りましょう
ストーマ装具を装着するときに大切なのは、ストーマ装具と皮膚の間に隙間ができないようにしっかり貼ることです。ストーマ装具と皮膚の間に隙間ができると排泄物がもぐりこみ、肌が荒れたり剥がれやすくなることもあります。

ストーマ装具を貼る手順

.好函璽涸具を貼る前に、排泄物や粘液を拭き取り、皮膚が乾いていることを確認します。
¬免栂側の剥離紙を剥がし、お腹のしわを伸ばしてストーマ装具を貼ります。
 見やすく貼りやすい姿勢で行ってください。


ストーマ装具をしっかり密着させるコツ
・貼り付けた後は、手でしっかり押さえて密着させましょう。
・冬場など気温が低い時は、ストーマ装具の面板を手の平ではさみ少し温めてから貼ると、面板が柔らかくなって肌に密着しやすくなります。

ストーマ装具を貼り付ける部分にしわやくぼみがある場合は、ストーマ装具と皮膚の間に隙間ができないように、ストーマ装具と一緒に「皮膚保護剤」と呼ばれているストーマケア用品を使うことをお勧めします。
 

皮膚保護剤とは
皮膚保護剤は、形を自由に変えてストーマ装具と皮膚の隙間を埋めたり、排泄物が皮膚に直接触れるのを防ぐために使います。柔らかい粘土のような素材です。ハサミで切って使うものや手で形を作れるもの、ペースト状のものやパウダー状のものなどがあります。

板状皮膚保護剤

板状皮膚保護剤とは、四角いシートやリングの形をした皮膚保護剤を指します。
「バリケアウエハー」「ブラバウエハー」といったシート状の皮膚保護剤は、ハサミで切ってストーマ装具に貼り付けて使います。
アダプト皮膚凸面リング」「ブラバ モルダブルリング」といったリング状の皮膚保護剤は、そのままストーマ装具の開口部の周りに貼付けたり、必要な分だけ手でちぎってストーマ装具に貼りつけます。開口部の周りに高さを出すことでくぼみを補正したり、皮膚の隙間を埋めるために使います。
 

用手成形皮膚保護剤

用手形成皮膚保護剤とは、手でちぎって自由に形をつくることができる皮膚保護剤を指します。指先で揉むと柔らかくなり、しわやくぼみに合わせて形をつくることができます。ストーマ装具の面板に貼付けて補正し、ストーマ装具と皮膚の隙間を埋めます。
リング状の製品には、手でちぎって形をつくることも、そのままストーマ装具に貼りつけることもできるものがあります。

皮膚保護ペースト

皮膚保護ペーストとは、チューブに入った柔らかい皮膚保護剤のことを指します。ストーマ装具の面板の上に絞り出して使い、ストーマ装具と皮膚の隙間を補正します。
「アダプト皮膚保護ペースト」といったアルコールが含まれている製品は、チューブから出した後はアルコールが蒸発して固くなりますので、チューブから出した後、数分経ってアルコールを飛ばしてから貼付けます。「ソフトペースト」「プロケアーペースト」「バリケアペースト」はアルコール含有製品です。
「ブラバ ペースト」「プロケアーMFパテ」はアルコールが含まれていないため、そのままの形を維持します。アルコール含有製品にくらべて肌への刺激が少なくなります。
 

パウダー状皮膚保護剤

パウダー状皮膚保護剤は、粉状になった皮膚保護剤でストーマ装具を貼り付ける皮膚が荒れて水分が出ている時などに使います。
薄くふりかけて水分を吸収させ、ストーマ装具の密着を補助します。
 

 
病院やストーマ外来への相談も

面板を貼り付ける肌が荒れたり装具から排泄物が漏れる場合は、ストーマ装具の貼り付け方だけではなく、体型の変化や生活様式など様々なことが原因として考えられます。症状が改善しない場合は、早めに病院やストーマ外来に相談しましょう。

記事をさがす

ページトップへ

ご利用案内

Copyright (c) ハッピーハート メディカルサプライ all rights reserved.